総量規制とは銀行以外の金融会社に適用される制度で、融資の上限が年収の1/3までという規制です。大半の消費者金融はこの規制の対象となり、収入がゼロの専業主婦や学生は1円も借り入れができません。ところがこの制度はあくまでも銀行以外の金融会社が受ける規制で、銀行法に基づいて融資業務を行っている銀行は関係がありません。

総量規が制施行される以前には収入が無い主婦や学生でも手軽にキャッシングを利用することが出来ましたが、現在は収入が無い人は銀行カードローンぐらいしかキャッシングサービスを利用する方法がありません。銀行カードローンは金利が低くて融資限度額が高いというメリットがありますが、審査基準が厳しくて申し込んでからキャッシングを利用できるようになるまでに時間がかかったり、返済時に融通が利かないなどのデメリットがあります。

実は、今でも総量規制対象外の消費者金融と同じキャッシングサービスがあるのです。それは新生銀行カードローンであるレイクとオリックス銀行カードローンで、両者とも法律上はノンバンクではなく銀行カードローンなので総量規制の影響を受けません。それでもレイクは新生銀行に経営主体が移った後も以前と同じようなサービスを行っているのです。オリックス銀行カードローンの方は銀行カードローンですがサービスの内容や利率は消費者金融に近いサービスを行っていて、いずれのサービスも総量規制の規制を受けないので収入がゼロの専業主婦や学生でも利用できるのです。

Comments are closed.

Post Navigation